レーザーを当てるだけで簡単に脱毛できるのがレーザー脱毛です。


非常に簡単ですが敏感肌の方やアトピー肌の方では施術を断られることがあります。



これはその脱毛の仕組みが原因でした。



使用するレーザーは黒い色に反応する性質があります。

つまり照射部の黒いものと言えば毛根、この毛根に反応して熱処理するわけです。


光は黒い色だけに反応するので熱処理されるのは毛根だけですが、その際に肌の水分が蒸発し、軽いやけど状態になります。



そのため敏感肌やアトピー肌の場合は施術自体ができないことがあるのです。


このように、熱処理と言っても健康な肌であれば照射時に輪ゴムで弾く程度の痛みを伴うだけで、その後適切にケアをすれば、肌トラブルが起こることは通常ありません。


しかし、注意事項を破って施術後に身体を温める行為をした場合、赤くなったり発疹が出来たりなどの副作用が現れる可能性はあります。

また、照射後だけでなく照射時期も気を付けましょう。

というのは女性には生理があるからです。

生理中はホルモンバランスが乱れる関係上、自分では気付かないかもしれませんが肌が非常にデリケートになっています。

通常なら問題なくでもこの時期に照射することで、肌トラブルになる可能性が高まるのです。レーザーを当てただけで見た目は何も変わらないかもしれませんが、肌内部の毛根が熱処理されたことを忘れないで、施術を受けた日は身体を温める行為は控えて、静かに過ごすのがいいでしょう。